Gグラブ賞 SBから甲斐ら3人

Gグラブ賞 SBから甲斐ら3人
プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」が、8日発表された。
2年連続日本一に輝いたソフトバンクからは、3選手を選出。日本シリーズで強肩ぶりを発揮した甲斐拓也捕手が2年連続2回目。シーズンでは12球団トップの盗塁阻止率・447を誇り、文句なしの受賞となった。
両リーグの受賞者は以下の通り。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ Gグラブ賞 SBから甲斐ら3人

twitterの反応

オオカミ子供 @wolfboy_hobby

久々に古戦場頑張ったし序盤しかこういうの見られないから記念に撮っといた。一日中グラブってた甲斐があった

みしマン @mishimangn

トップで右腕の前腕がしっかり作れてて、凄い球がいきそうな甲斐野だが、もうひとつ球が伸びてこない違和感がある。恐らく、左肩甲骨が内転していないからかと。ここがトップで内転していれば、グラブのある位置(則本や大谷は左腰付近)を支点にできるし、肩甲骨を戻す時の弾力を充分に使える。

Menu

HOME

TOP