森保J 4世代融合で進化を加速


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
森保J 4世代融合で進化を加速
日本のサッカーA代表とU-21代表(東京五輪世代)の合同メンバー発表会見が7日、東京・JFAハウスで行われ、23人ずつの計46人が同時選出された。
森保監督がA代表、横内昭展コーチ(50)が監督代行としてU21代表を指揮する。【一覧】日本代表スタッフ兼任ならでは、の初の同時メンバー発表だった。会見で事前に配られたリストは両面印刷。
表にA代表、裏にU21代表の総勢46人とスケジュールが記されていた。その後、登壇した森保監督が「Aは私、U21は横内コーチが指揮を執ります」と、まず役割分担を説明。
並行して、両代表の編成会議を重ねてきた。兼任のメリットを最大限に生かすべく4世代を融合。AとU21、19、16の各代表をシャッフルした。
まず選手。
U21代表にU16代表の秋葉忠宏コーチを引き上げた。
「A代表でやっていることを経験してもらい(U16)森山監督のチームに戻った時、各代表へのコピーではないが、共通認識として持ち帰ってもらえれば」。日本の全権を預かる男として4つの世代に1本の縦串を通した。サンフレッチェ広島時代から森保監督の右腕だった、ヘッド格の横内コーチの存在も大きい。
ドバイ杯U23に出場するU21代表を任せるに当たり「彼とは描いている絵が同じ質の指導を提供し、壁を取り払う。」
この風通しが日本の進化を加速する。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 森保J 4世代融合で進化を加速

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP