スルガ銀 最大900億円の赤字

スルガ銀 最大900億円の赤字
スルガ銀行の2018年9月中間決算の純損益が赤字に転落することが7日、分かった。
14日に発表する。不正融資を見過ごしたとして、岡野光喜前会長ら旧経営陣に対し、同行は損害賠償を求めて提訴する方針。不正融資に絡む9月の第三者委員会報告は旧経営陣について、経営を任された取締役の責任を果たしていない善管注意義務違反を認定していた。
金融機関では極めて異例の対応となる。スルガ銀は、4月に経営破綻したスマートデイズ(東京)が運営していたシェアハウスの所有者らに購入費用を融資していた。3月末時点の融資残高は約2035億円に上り、18年3月期までに引き当てた約420億円から損失見積額が大きく膨らむ。
第三者委の報告を踏まえ、シェアハウス向け融資の返済状況の他、物件の賃料収入、空室率などを精査した結果、引当金の積み増しが必要だと判断した。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 スルガ銀 最大900億円の赤字

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: スルガ 最大 億円

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP