カメルーン 拉致の生徒は解放

カメルーン 拉致の生徒は解放
【AFP=時事】アフリカ中部カメルーンの英語圏で今週、生徒79人が武装集団に拉致された事件で、同国の情報相は7日、AFPの取材に対し、79人が解放されたことを明らかにした。
拉致された生徒たちは、北西(Northwest)州の州都バメンダ(Bamenda)にあるキリスト教長老派系の中等学校に在籍していた。北西州は、武装闘争を強める英語圏の分離派に対し、当局が激しい弾圧を繰り広げている地域の一つ。生徒の他に学校職員3人の消息はまだ分かっていないという。
AFPは5日に6分間の映像を入手。独自に映像の信ぴょう性を確認できなかったが、15歳前後とみられる男の子11人が、自分の身元と学校名を英語で述べ、英語圏の分離派「アンバボーイズ(AmbaBoys)」に拉致されたと話している。【翻訳編集】AFPBBNews。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 カメルーン 拉致の生徒は解放

twitterの反応

worldnewsmania @peacemakersjp

人を自由にする情報メディアン 拉致された生徒78人解放、校長と教員は依然拘束 カメルーン アフリカ中部カメルーン北西州の学校が武装集団に襲撃されて生徒や教員が誘拐された事件で、7日までに生徒

Yasuko @abnehmendeMond

【カメルーン 拉致の生徒は解放】 アフリカ中部カメルーンの英語圏で今週、生徒79人が武装集団に拉致された事件で、79人が解放されたことが明らかに。ともに拉致された学校職員3人の消息は分か…

Menu

HOME

TOP