子どもは公立 芸能界に変化?

子どもは公立 芸能界に変化?
10月に入り、芸能人が子どもの運動会に参加する様子がこぞって報じられた。
世田谷区のB小学校で田中圭、谷原章介、瑛太木村カエラ夫妻、フジテレビの軽部真一アナらの子どもが学び、松山ケンイチ小雪夫妻、「爆笑問題」の田中裕二山口もえ夫妻、「野性爆弾」のくっきーは、渋谷区のC小学校に子どもを通わせているという。「B、Cともに高級住宅街エリアにあるため、公立ですが治安はいい。複数の有名人が通わせていることで、学校側の受け入れ態勢もできています。
「スキャンダルに厳しい昨今、いつ仕事が増えたタレントもいる」と言う。
「ママパパタレントに求められるのは、視聴者が共感できるかどうか。例えば子どもをセレブ校に通わせているタレントが牛丼のCMに出ても「食べないクセに」と反感を買ってしまうのです。谷原章介は子だくさんで子煩悩。
さらに公立校に通わせているそうで、視聴者に近い感覚を持ち合わせている。
「コメントに説得力がある」と、ママ友たちには不評だったそうですが」(近所に住む住人)芸能人のお受験事情の変化は、世相を反映しているのである。
撮影西圭介。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – エンタメ 子どもは公立 芸能界に変化?

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: どもは 公立 芸能界

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP