家族のために臓器売買 イラン

家族のために臓器売買 イラン
米国が5日に再開したイラン産原油に対する禁輸制裁は、経済難にあえぐイランの人々をさらに追い詰める。
イランメディアなどによると、イランでは「イラン腎臓財団」に登録して移植許可を得れば、提供後に財団から1億8千万リアル(約48万円)の謝礼が出る。ただ、早期の移植を求め、貼り紙だらけになる」。
同病院の関係者によると、臓器移植は昨年比で2倍に増えたという。20代~30代の男性が生活のために腎臓を提供するケースが多いという。テヘランで電器店を営むベフルーズ・アフマディさん(44)は10月初旬、「3億リアルで腎臓を売る」という貼り紙を出した。
トランプ米大統領が核合意の離脱を宣言した5月以降、経済の悪化で客足が激減。月収は3千円程度に落ち込み、高利貸などに借りた約80万円相当が返済不能に。利息の督促に追われており、今月末までに元本を返せなければ訴追され、収監されるという。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 家族のために臓器売買 イラン

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 家族 のために 臓器売買

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP