米中間選挙 異例の盛り上がり

米中間選挙 異例の盛り上がり
認知症の人が病気やけがの治療で一般病院に入院した際、事故防止を理由に手足などを縛られる身体拘束。
東京都内の約60床の一般病院で、当直の院長に同行した。患者は70歳代後半から90歳代が中心だ。入院の理由は様だが、認知症の人が多く、4人に1人は何らかの拘束を受けている。
2階の4人部屋に入ると、肺炎で有料老人ホームから移ってきた認知症の男性(78)が、機嫌よく話しかけてきた。「さっきビールを飲んだ」「外で弟が待っている」。
男性の胴はベルトでベッドに固定されている。ベッドには柵がはめられ、自分では下りられない。尿道にチューブが入っているため、服の中に手を入れて引き抜かないよう、上下がつながった服を着る。
点滴する時は左腕。利き腕の右の手首はひもで柵に縛られる。熱は下がり、退院の日は近い。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 米中間選挙 異例の盛り上がり

twitterの反応

NewsEntameX @NewsEntameX

【米中】「中国」がアメリカ国内の人権状況と選挙状況を批判 ・中国が、アメリカ国内の選挙状況を批判 中国が、2018年におけるアメリカの国状に関する報告を発表し、その中で「昨年アメリカで実施された中間選挙は(2ちゃんねる)・・・2MM

PIAKO @PiakoPiako

後期妊娠中絶の違法化を推進していた米共和党の下院議員が、愛人に中絶を迫っていたことが明らかになり、この議員は4日、来年の中間選挙に出馬せず政界を引退する意向を表明した。

Kiyossi@NIT_ARIAKE @kiyosh1y

昨年の米中間選挙、投票率が過去最高 若年層が大幅増 さんから

新聞・雑誌やテレビにはもう騙されないぞ @e_kobe

にもかかわらず、日本のマスコミは貿易だけに矮小化して捉えていたから、ピンぼけ報道が続いた。たとえば、NHKは当初、貿易戦争を昨年11月の「米中間選挙まで」とか「トランプ政権の支持狙い」などと決まり文句のように報じていた。

和泉屋 @IZUMIYA195

米中対決の本質は覇権をめぐる争いであって、貿易戦争はその一部。 にもかかわらず、日本のマスコミは貿易だけに矮小化して捉えていたから、ピンぼけ報道が続いた。 たとえば、NHKは当初、貿易戦争を昨年11月の「米中間選挙まで」とか「トランプ政権の支持狙い」などと決まり文句のように報じていた

星野 順子 @Junko_Hoshino

【必見】ですよ~~~。米中間選挙で、オバマさんの民主党が大敗した直後の孫崎享さんと八木啓代さんの対談です! yokosuka 横須賀

ブログプレス @blogpressnet

19/5/15~4~ドゥテルテ派、中間選挙上院で圧勝/ダイナースで減損・三井住友トラスト/中国鉱工業生産/ウーバーの運転手は労働契約にあたらずと判断・米 ブログ更新 気に入ったらいいねor

JCC株式会社 @JCC_NEWS

Globali 05/12 フィリピン中間選挙;ドゥテルテ大統領の前半期3年間の信任は如何に?【米メディア】 5月11日付『ロイター通信』:「ドゥテルテ政権、中間選挙で圧勝目論む」5月1.. 863361

ippatsu (Hiroyuki Kamata) @ippatsu_sendai

18年米中間選挙では外国政府の干渉はあったのか──ロシア疑惑のその後|ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版 @Newsweek_JAPAN

18年米中間選挙では外国政府の干渉はあったのか──ロシア疑惑のその後 ●トランプ政権のロシア疑惑への消極的な姿勢は、モラー(ムラー)報告書の扱いにとどまらない。昨年9月に調査をするという大統領令を定め、11月の中間選挙で実際に調査がなされたが…

帰ってきたライナス @LinusComingBack

今週は-700万でした。 年初来パフォ -30% 保有はサンバイオなどバイオ系が調整。 関税25%ですか。 マーケットの前提が大きく変わりましたのでそこそこ調整が続きますかね。 とはいえ、今年の米は中間選挙の前年ですし、ズルズル下げ続かすわけにもいかないでしょうし。で、どうなるんだろ? 笑

えみーる @emiladamas

“(インタビュー 米中間選挙2018)心の奥底の物語 米社会学者、アーリー・ホックシールドさん:朝日新聞デジタル”

War pig @Warpig03670119

前提条件なしで、金ちゎんと晋ちゃんが会ったところで、何も話はまとまらないよ。(笑) 金ちゃんに外交カードを1枚渡すだけ。 米朝首脳会談で証明されているでしょ。米中間選挙の得点稼ぎに会談したけど、成果は限りなくゼロ。主導権は北と中国に。そこへロシアも噛んできた!日曜討論

Takahisa K @tkhskwg

情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道先生の寄稿 18年米中間選挙では外国政府の干渉はあったのか──ロシア疑惑のその後 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

t-hide=1936@hidekiyo @hidekiyo1103

トランプ米大統領は「史上最も人気のある大統領」と自画自賛しているが、これは20年の大統領選挙での再選を狙ったパフォーマンスだな?米朝間の「核・ミサイル問題」、米中間の「貿易摩擦」「イラン核合意」の破壊等々、全ては「米国第1」をスローガンにした独裁者の「権力保持」が主眼ではないか?

Menu

HOME

TOP