米 相模原にミサイル新司令部


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
米 相模原にミサイル新司令部
米陸軍が、弾道ミサイル防衛部隊の新司令部を相模総合補給廠(しょう)=相模原市中央区=に発足させた。
【写真】第38防空砲兵旅団司令部。地対空誘導弾PAC3を配備する嘉手納基地(沖縄県)の大隊や、移動式早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」を運用する車力通信所(青森県)など国内三つの防空砲兵部隊を指揮統制する。いずれもハワイの司令部に属していた部隊だ。
10月16日から駐留を始め、半年から1年かけて約115人を配置する。31日、米陸軍キャンプ座間(神奈川県座間市など)で編成式典があり、在日米陸軍のビエット・ルオン司令官は「38旅団は米軍と自衛隊の即応力向上だけでなく、日本国内の砲兵部隊の防空能力を高める」と説明した。グアムのTHAADを指揮下に置くことにも言及。
米海軍のイージス艦の迎撃ミサイル「SM3」とも連携するとみられる。神奈川県や相模原市は9月末に新司令部について政府から通告を受け、任務や運用の詳しい説明を求めた。同市は10月、「事前相談もなく突然知ることになり遺憾。
「兵站(へいたん)を担う補給廠への駐留には疑問をぬぐえない」などとして、補給廠の機能強化や恒久化につながらないよう防衛、外務両相に要請。地元では市民団体が駐留撤回を求めて抗議行動を続けている。
今の自衛隊のMDに詳しい政策研究大学院大学の道下徳成教授は「有事の瞬時の迎撃判断に備える平時からの日米協議が、より緊密になるという利点があるのではないか」と語る。
新司令部の傘下にはグアムのTHAADも入る。防衛省幹部は「北朝鮮や中国から日本の方へミサイルが撃たれれば、飛距離によって日本防衛から米国防衛へと切り替わる。新司令部が、そのつなぎ目になるのは自然なことだ」と話す。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 米 相模原にミサイル新司令部

twitterの反応

Ranger, Stone Field @wix55

はい。ここは日本、そして基地はアメリカさんです。 これ、戦争に負けたのが悪い、とかそんな話も出てきそうですね。時代は戦後からの脱却とかそんな流れですが、未だ戦後引きずってますね、相模原は。弾道ミサイル防衛部隊の新司令部ですから、どんどん逆行してます。

miki 憲法改悪反対 @009tokeitomiki

新防衛大綱・大軍拡を許すな!3・17集会 3月17日(日)18時15分~ 文京区民センター3C(春日駅、後楽園駅) 大湾宗則さん「京丹後Xバンドレーダー反対闘争から」 木元茂夫さん「相模原ミサイル防衛新司令部問題」 500円 【主催】大軍拡と基地…

Menu

HOME

TOP