井上尚弥 眼窩底などを骨折

井上尚弥 眼窩底などを骨折
右眼窩(がんか)底など顔面2カ所の骨折を公表した2団体統一バンタム級王者井上尚弥 ボクシング2団体統一バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が右目眼窩(がんか)底骨折の重傷を負っていたことが9日、分かった。
階級最強を決めました。
(右)目が2重に見えた時点でしびれていましたし「ヤバイ、(骨折を)やったかな」という感覚があった」と覚悟していた。1カ月後に再検査し、今後の練習再開のメド、米国での次戦の時期を判断する。担当医からは2カ所ともに手術の必要がないと説明された。
「次戦に影響はないと言われてホッとした」とも口にした。米プロモート大手トップランク社と契約を結び、20年初戦は米国と決定済み。大橋秀行会長(54)は「1カ月後の再検査の結果を待って次戦は考えたい。
「骨折した中でドネアと残り10回を戦った。新たなモンスター伝説になった」と話した。眼窩(がんか)底骨折眼窩底とは、目のくぼみ=眼窩の下方にある骨の壁。
程度の差はあるが、目が陥没することもある。
陥没が激しい場合、また3~4週間たっても、眼球の運動障害がある場合は、眼筋を引っ張り出すための手術が必要になる。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
井上尚弥 眼窩底などを骨折
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

エンタメ会議室 @d0veuDixAGrNViR

「 井上尚弥怪我をしていた?ドネア戦で眼窩底など2カ所骨折にツイッターの声 | エンタメ会議室 」の記事を投稿しました r_socialnews


Menu

HOME

TOP