シフトレバー不要?進む小型化


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
シフトレバー不要?進む小型化
ハイブリッド車や電気自動車の台頭と歩調を合わせるように、シフトレバーの小型化が進んでいます。
初の量産ハイブリッド車(HV)として1997(平成15)年発売の2代目から、指先で操作する小さなシフトレバーはこれ以前から存在しましたが、プリウス式に準じた操作性を持つシフトノブは、ほかのメーカーも取り入れています。
ホンダのHVモデルなどに見られるほか、マツダも「アクセラ」にHVを投入するにあたり、専用シフトノブを新規に開発し採用しています。日産では電気自動車(EV)である「ノートePOWER」にも採用されています。
ただこれも、基本的な操作はプリウス式と同様といえるでしょう。とはいえ、HVやEVだから小さなシフトレバーが採用されるわけではありません。トヨタでもHV専用車種の「アクア」は、ガソリン車でよく見られるようなシフトパターンの長いレバー。
HVとガソリン車は上下にレバーを動かすタイプのインパネシフト、「ePOWER」モデルも比較的大きなシフトレバーが採用されています。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 シフトレバー不要?進む小型化

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP