村田倒れず かすかなプライド


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
村田倒れず かすかなプライド
前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=の王座陥落から一夜明け、陣営の本田明彦会長(71)が21日(日本時間22日)、現地で取材に応じた。
「よく立ってた。あれは意地で立っていたんだろう」とたたえた。【映像】村田諒太2度目の防衛ならず村田は常に思考を巡らせ、ミドル級で日本人が届かなかった道を切り開いてきた。
努力を惜しまない姿を見てきた会長は「日本のボクサーで間違いなく一番稼いだ。はっきり言って、ボクサーとして素質はない。他の人生でも生きるすごいものをあいつは持っている。」
「ボクシングは本当に一生懸命やってきた。ゴールドメダリストで世界チャンピオンになって、うちも責任を果たした。この敗戦で全部消えるわけではない」と手放しで称賛した。
「第2の人生に期待しちゃうね」と笑いつつ、再戦の可能性には「本人次第。本人の問題だから。まだ決められないでしょ。
リマッチの契約が入っているだけ。普通、米国ではあれで辞めるってことはないから」と説明。多くのスポンサーを持つ村田だけに「村田の場合は背負うものが大きすぎる。
(決断は)簡単じゃない。ゆっくり話し合う。ただやればいいってもんじゃないし、ゆっくり考えるべき。
「本人がやるって言えば、ダメとは言えない」と去就は本人に委ねた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 村田倒れず かすかなプライド

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP