5試合44失点 弱点露呈の西武

5試合44失点 弱点露呈の西武
◆2018 パーソル クライマックスシリーズ パ 最終S第5戦 西武5―6ソフトバンク(21日・メットライフドーム) 【写真】メジャー移籍が濃厚となった西武・菊池(左)  試合後のセレモニーで、辻監督の涙腺が決壊した。
「それでも1度も首位を譲ることなく、(リーグ)優勝したこと。本当に誇りに思います」。西武の監督になってグラウンドで初めて流した涙だった。
強力打線が力尽きた。3連敗を喫し、アドバンテージを含む2勝4敗で終戦。12球団トップの792得点打線は、CSの同一ステージ最多タイで4チーム目となる9本塁打したが、5戦で28得点。
今季、防御率リーグワーストの弱点は克服できず5戦で44失点。日本シリーズのかかったプレーオフ、CSでチーム防御率8・00はワーストだった。チームを支えた中心選手の不調も響いた。
リーグ最多195安打を放った秋山、最多47本塁打の山川、シーズン終盤好調だった中村の3人が打率1割台に低迷。前日(20日)に左手首を打撲した森は痛み止めを飲んで「8番・捕手」で強行出場。メヒアを9番に置いたが打ち勝てなかった。
それでも指揮官は「最後まで点を取り返して食らいついてくれた」とたたえた。「今年の敗戦が、来年の選手たちの大きなパワーになる。来年必ず、日本一を取り返して食らいついてくれた」とたたえた。
来年こそ、夢の日本一をもぎ取る。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 5試合44失点 弱点露呈の西武

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 試合 失点 弱点露呈

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP