連合「ベア前面」から転換


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
連合「ベア前面」から転換
労働組合の中央組織・連合は18日、来年の春闘から基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)率を、要求の前面に掲げる方針を見直すと発表した。
その中で従来の賃金の具体額を企業規模や年齢などに応じて複数明示。春闘交渉を通じて、その水準に近づけていくように傘下の労組に呼びかけていく。
これまでの春闘ではベアの目標を前面に掲げ、傘下の労組はそれを目安に経営側と交渉してきた。今年までの3年間は連続してベア要求を「2程度」の賃金引き上げを求めてきた。しかし、今年は安倍政権が「3以上」と数値目標にまで踏み込んで経済界に賃上げを促す異例の対応を見せ、経団連もこれに応じるなど政府主導の「官製春闘」に拍車がかかった。
連合には、ベアだけに注目が集まる要求方式を転換し、月額賃金の水準に焦点をあてることで春闘での主導権を取り戻す狙いもありそうだ。ただ、目標が多岐にわたることになれば、労組の中央組織としての存在感が薄れる恐れもあり、こうした方法が定着するかは不透明だ。20年以降の方針は今後議論するとしている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 連合「ベア前面」から転換

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP