速報 セパCSファイナル第2戦


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
速報 セパCSファイナル第2戦
2020年東京五輪のエース候補に仰天プライスがついた。
移籍金はなんと1億ユーロ(約130億円)まで跳ね上がる可能性があるという。【写真】応援に訪れた柴崎の妻・真野恵里菜期待の若手MFが躍動した。22で迎えた後半14分、ゴール前でパスを受けると華麗なステップから反転してシュート。
待望の代表初ゴールは貴重な勝ち越し弾となった。「あそこでボールをもらえば決める自信はあった。ウルグアイ相手に大事な得点を取れて思い出に残るゴールになった」と笑顔を見せた。
昨季オランダリーグで10得点を決め、フランスのサッカー専門誌が21歳以下の最優秀選手に贈る「コパ賞」候補の10人に選ばれるなど、世界が注目するアタッカー。「まだまだアピールしないといけない。サバイバルは続くので、もっと上を目指したい。
もし負けていれば、世代交代の話がある中で何か言われていたかもしれない。自分たちが日本を強くしていけるというのが示せたと思う」と力を込めた。欧州ビッグクラブも大きな関心を寄せるが、カズこと元日本代表FW三浦知良(51=J2横浜FC)を担当した代理人の田路氏は「最近、知り合いの(欧州クラブの)スカウトから聞かれるのは堂安のことばっかり。
「フローニンゲンはすぐに売らないだろうけど、オランダからドイツやイングランドに移籍するときにクラブ側は移籍金として2000万ユーロ(約26億円)から1億ユーロ(約65億円)の値段がつく初めての日本人選手になるんじゃないか」。
2001年にMF中田英寿がローマからパルマ(ともにイタリア)に移籍した際、日本選手の過去最高額となる移籍金2600万ユーロ(約33億8000万円)をも上回るという。堂安が注目されているポイントはまだ20歳という若さだ。「選手としてまだまだ成長できるからな。」
「バルセロナやレアル・マドリード(ともにスペイン)が買いに来るかもしれない。堂安はテクニックのある選手だから、バルセロナあたりがリストアップしていても不思議じゃない。(アルゼンチン代表FW)メッシの後継者になれる可能性がある選手じゃないか」また、A代表で3試合連続の4得点を決められる選手はどのクラブも欲しがる。
フィジカルもあるからドイツクラブなら移籍金として1000万ユーロと言っているようだけど、絶妙な設定額だ。
「まあ満額を払うクラブはないと思う」とした。森保ジャパンをけん引する“三羽ガラス”。田路氏はいずれも高い評価だったが、堂安は別格。
今後、日本サッカー界を驚かせるような大きな飛躍を果たすかもしれない。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 速報 セパCSファイナル第2戦

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP