東電元副社長 法廷で事故謝罪

東電元副社長 法廷で事故謝罪
東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人に対する被告人質問が16日午前、東京地裁(永渕健一裁判長)で始まった。
他に同罪に問われているのは、勝俣恒久元会長(78)と武黒一郎元副社長(72)3人は第1原発に大津波が襲来して事故が発生する可能性を予見できたのに、対策を怠って事故を招き、福島県大熊町の双葉病院からの長時間の避難を余儀なくされた入院患者ら44人を死亡させるなどしたとされる。
武藤元副社長は昨年6月の初公判で「振り返ってみて、事故の発生を予見できなかった。責任はないと考えます」と発言。他の2人も無罪を主張している。
被告人質問は19日に勝俣元会長に対して行われる。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 東電元副社長 法廷で事故謝罪

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 東電元副社長 法廷 事故謝罪

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP