ボーイング機 世界で38機亀裂

ボーイング機 世界で38機亀裂
10月10日、米ボーイングは小型旅客機737ネクストジェネレーション(NG)について、世界中の航空会社が810機を検査したところ、38機で亀裂が見つかり、修理と損傷した部品の交換が必要になっていると明らかにした。
胴体と翼の骨組みを接合する部品に亀裂が生じていたことが分かったという。737NGは、737シリーズ第3世代版で現在運行停止中の737MAXの1つ前のタイプ。
米規制当局が緊急調査を命じた後、9日に米サウスウエスト航空LUVNとブラジルのゴル航空GOLL4SAが少なくとも13機の737NGの運航を停止した。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
ボーイング機 世界で38機亀裂
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

佐野 直哉 @pxbrqnaZJT1917W

ロイター通信は10日、世界で運航中の米ボーイング製の旅客機「737NG」のうち38機の機体に亀裂が見つかったと報じた。運航を止めて修理する。同社は対象機の機体を保有する航空会社を明らかにしておらず、日本の航空会社が含まれるかは不明。


Menu

HOME

TOP