独で発砲 ユダヤ教施設標的か

独で発砲 ユダヤ教施設標的か
ドイツ・ハレで発生した発砲事件現場付近に出動した警察(2019年10月9日撮影)。
【関連写真】塀を乗り越えて現場に入る警察警察は当初ツイッター(Twitter)に「複数回の発砲があった。容疑者らは車で逃走した」と投稿。その後、容疑者1人の身柄を確保したと発表した。
しかし他にも容疑者がいるのかどうか、現時点では不明。日刊紙ビルト(Bild)は、発砲は同市パウルス(Paulus)地区にあるシナゴーグの前で発生し、手投げ弾がユダヤ人墓地に投げ込まれたと報じている。ただ警察による確認は得られていない。
9日は、ユダヤ教の祭日の一つの「贖罪(しょくざい)の日」に当たる。【翻訳編集】AFPBBNews。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
独で発砲 ユダヤ教施設標的か
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

ヒロシです… ( Korea is unnecessary ) @eien_is

謝罪と賠償やな。 独で発砲 ユダヤ教施設標的か Yahooニュースアプリ


Menu

HOME

TOP