新潮45休刊 社長が口頭で陳謝

新潮45休刊 社長が口頭で陳謝
新潮社の佐藤隆信社長は12日、東京都内で開かれた第17回小林秀雄賞・新潮ドキュメント賞(新潮文芸振興会主催)の贈呈式で、性的少数者(LGBT)をめぐる表現で批判を受けた同社の月刊誌「新潮45」の休刊問題について「お騒がせしました」と述べた。
また、新潮ドキュメント賞選考委員でジャーナリストの櫻井よしこさんは同賞祝辞で休刊問題に触れ「(休刊号となった)「新潮45」10月号は、ゲイであることを公表した人も(寄稿者に)2人いて、素晴らしい出来だった。議論の場を作ったときに休刊となり、残念に思う。その結果、タブーも生まれるだろう」とした上で、新潮社の看板に「ヘイト本」と批判した。
「新潮45」は8月号でLGBT支援を疑問視する杉田水脈(みお)衆院議員の寄稿を掲載した。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 新潮45休刊 社長が口頭で陳謝

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 新潮 休刊 社長

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP