立憲、参院も野党第1党に


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
立憲、参院も野党第1党に
国民民主党の長浜博行参院議員(千葉選挙区)が近く同党を離党し、無所属になる意向を固めたことが分かった。
参院の現有勢力は国民会派24に対し、立憲会派は23議席。だが、無所属の野田国義氏(福岡選挙区)が9日に立憲会派入りを表明。同党は臨時国会召集までに野田氏の入会を参院事務局に届け出る方針だ。
これに加えて長浜氏が国民を離党すれば、国民と立憲の議席数が逆転する。一方、立憲は10日、無所属だった菊田真紀子衆院議員(新潟4区)の会派入りを決め、衆院事務局に届け出た。衆院では国民の今井雅人氏(比例代表東海ブロック)も立憲会派入りを検討しており、15日にも国民に離党届を提出する意向だ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 立憲、参院も野党第1党に

twitterの反応

Eiko @eikomo

北海道の知事選挙。 大事な野党候補だ。 石川ともひろさんの応援は? 東京。参院選の話しあいは、野党で、したのか? 立憲は、自分たちの党の拡大しか、頭にない、に見えてしまう。 野党第1党が、「ぜんたい」を考えず、独走するのかな。

門前小僧 @monzenkozo100

結局、我々が現在出来るのはそれ(反緊縮・積極財政の動きを拡散して行く)しか有りませんからね。 立憲があの様な認識では話になりませんし(まあ、野党第…

真場貴雄(反緊縮・積極財政・消費税増税反対・反グローバル) @rinard18

結局、我々が現在出来るのはそれ(反緊縮・積極財政の動きを拡散して行く)しか有りませんからね。 立憲があの様な認識では話になりませんし(まあ、野党第一党の立憲に対して反緊縮を広げる事自体は否定はしませんけど、地方統一選や参院選まで余り時間が無い事を考えると;;)。

ecorin・g @ecorin_g

野党第一党なら、それでもいいんですけど参院選を経ねば分からない、とはいうものの現時点では第二党。あの立憲のような党の提灯持ちですよ。情けない。使い潰されて終わる⤵︎

sasakiakiko2016年1月 @sasakiakiko45

国民民主が大人になって立憲民主を盛り立ててってまじで言ってんのかね。 ホント立憲勘弁して欲しい。盛り立てるのは野党第一党である立憲の役目でしょうに。その立憲自身が野党共闘を阻止しているのだからどうしようもない。参院選前に野党共闘を否定して盛り下げてるの…

佐藤 翔太郎 @Mr_ShotaroSato

交渉というのはその期限の短い人の負けだ。 積極的野党共闘派の交渉期限は参院選までだ。ところが立憲民主党に期限はない。野党第一党さえ確保できれば参院選後も組織防衛できる。 力関係が対等でも、交渉期限が非対称だと期限の短い側が圧倒的に不利になる。

ひろこ @rokoroko0919

山本太郎氏が暴露!数合わせの政界再編を批判していた立憲民主・枝野幸男代表が参院野党第一会派のためだけに自由党との合流を画策!?〜映画「Beyon... さんから

ぺんぎん @specialcat0

小沢氏「最低でも統一名簿」 枝野氏「迷惑だ」 参院選 小沢は立憲が野党第一党として旗振り役をすれば、合流すると言っています。明らかに合流派の小沢を阻止しているのは、枝野です。

品川正二【日教組&反日教育に反対】 @OoVm4RU4ml1QnjN

立憲民主党⇒日教組⇒日本人教員から搾取(給与は税金)⇒搾取した金で朝鮮学校支援⇒反日教育支援 このモデルが間違っているなら堂々と批判してくれよ。 (日教組が朝鮮学校に献金している画像はある) そのうえで参院の野党第1会派として活動してくれ。

zix0358 @zix0358

人それぞれですからそれでいいと思いますよ。 ともかく現在野党のイニシアチブは第一党である立憲枝野代表が握っている事は間違いありません。枝野代表は変わらないと思いますし、結果は参院選後に出る事でしょう。

KK @Trapelus

存続さえ危ぶまれる社民党が生き残る道は? 立憲民主党と国民民主党の野党第1党の座をめぐる確執が続く中で、すっかり埋没して政党としての存続さえ危ぶまれているのが... 同党の事情に詳しい古参党員に話を聞くと、夏の参院選が瀬戸際の選挙になるという 永田町の裏を読む 高野孟(日刊ゲンダイ)

Menu

HOME

TOP