輝星「夢」プロ志望を表明

輝星「夢」プロ志望を表明
今夏の第100回全国高校野球選手権で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)が10日、秋田市内の同校体育館内で進路表明会見を行った。
国体が終わって監督、校長、両親、部長先生と話しをした。甲子園と国体を通して、チームで勝てたということが自信につながって、そういう決断をしました」。さらに「幼いころからの夢であったプロ野球選手になりたいという思いが1番強かった」と話しをした。
夏の甲子園で準優勝した後、U18アジア選手権で日本代表としてマウンドを踏んだ経験も吉田に大きな刺激を与えた。同大会の行われた9月5日の1次リーグ韓国戦で3ランを浴びて負け投手となり、日本の決勝進出が絶たれる悔しさを味わった。
「対戦したいプロの打者と対戦したい」と慎重に言葉を選んだ。
今年の高校生投手NO・1の座は揺らがない。曲がり幅が違う2種類のツーシームなど8つの変化球を自在に操る。けん制、フィールディング、クイックなど投手に必要なスキルを完備し、既に高いレベルで完成されている。
さらに第100回の甲子園を沸かせたスター性は抜群だ。吉田輝星(よしだ・こうせい)2001年(平13)1月12日、秋田県生まれ。天王小3年で野球を始め、天王中では軟式野球部に所属。
金足農では1年夏からベンチ入り。今夏は秋田大会から甲子園準決勝まで10試合連続完投勝ち。決勝では大阪桐蔭に敗れ準優勝。
大会通算62奪三振は歴代6位。U18アジア選手権銅メダル。176センチ、81キロ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 輝星「夢」プロ志望を表明

twitterの反応

だっち @kana0710

明日ドラフトやからプロ志望届一覧見てたら福岡大学の宮田輝星(ほくと)君を見つけて一字違いってなった。

Menu

HOME

TOP