執念采配 鳴り響く由伸コール

執念采配 鳴り響く由伸コール
◆阪神4―9巨人(9日・甲子園)  割れんばかりの「由伸」コールが鳴り響いた。
甲子園ではラスト采配となり、指揮官は帽子を取って頭を下げた。CSからの逆襲。ファンの願いはそこに切り替わった。
【写真】G渡辺スカウトが大阪桐蔭・根尾、藤原、柿木、横川と面談「みんなで何とか、今日の1戦を勝って、クライマックスに行くんだ、という気持ちが前面に出ていた。本当にいい試合だった」大一番。由伸監督は「ベンチにいる全員で戦う」と臨んだ。
1点を勝ち越した7回、1死一、三塁では1ボールから小林にスクイズのサイン。これが見事に決まった。直前の6回には、その小林の悪送球により同点とされ「ミスはしてくれない方がいいんだけどね。」
「取り返したわけじゃないけど、必死に食らい付いてくれた」と拍手した。5点リードの9回には、菅野を送り込んだ。4日後の13日にはヤクルトとのCS初戦(神宮)が待つ。
進出をほぼ決定づけての場面も、「最後は菅野で」と決めていた。「こういう展開なので、こちらが何とか行ってくれ、というところだった」。石橋を叩いて渡り、追いすがる阪神を完膚なきまでたたきのめした。
すでに今季限りでの辞任を決めている。就任3年間でリーグ優勝を逃した責任を取ってのものだ。だが、ナインは「簡単には終わらせない。」
まだ、(由伸)監督とともに戦っていく」と口をそろえる。「1日でも長く」を合言葉に、この試合に向かっていた。亀井に代わってスタメンの陽が3安打2打点で応え、6回途中からの畠、そして7回から2回無失点の山口俊と、ともに前倒し登板に応えた。
「本当にみんな勝負強く、本当によくがんばってくれた」。会見では終始、選手をたたえ、何度もうなずいた。由伸巨人が、最終盤にきて勢いを増してきた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 執念采配 鳴り響く由伸コール

twitterの反応

さとG@我逢人 @SATO_GENERATION

内容は、本当に良かったと思います。ここまでやれるとは思いませんでした、最後は、黒田監督の執念の采配にやられたかなとも。いわきFCに入団するんですよね。環境施設がもはやJ1チーム並みに整った良いチームです。

G党ペッペ@パワプロ村筆者 @giantsfanPeppe

頭脳と作戦を軽視した自分の直感に頼った采配を強行。育成を放棄して4番タイプばかりを集めて巨人=強奪と言う悪の印象を植え付け、ポジション被りをよく起こし糞外人を使い続けるなど選手の起用法もチグハグ 執念と言えば執念かも知れませんが「勝ち」に対する執念だとは私はどうしても思えません

カンナ™ @eldercanna

ウォーカーやオタメンディを投入して守備を固めて、技術に優れたシティの選手が必死にゴール前を守る姿に勝利への飽くなき執念と絶対に負けたくないという強い意志を感じた グアルディオラでもあんな現実的な采配をするのかと感心してしまった

やす @yskjm

原監督の采配ミスやら、岩見竹石の調整ミスやら言われてるけど、単純に東洋が、酒井監督の執念が諸々を上回ってる感じがする。青学は実力どおり行けば復路優勝は狙えるかもしれないが、焦って突っ込むとどうなるか。東海は、關が走るのかどうか。まずは朝のエントリー変更から目が離せん 箱根駅伝

喪雑bot @mozatsubot

執念の采配

Menu

HOME

TOP