就活指針廃止 長期化に懸念も

就活指針廃止 長期化に懸念も
経団連は9日、就職・採用活動のルール「採用選考に関する指針」の廃止を正式決定した。
パルコの牧山浩(こう)三(ぞう)社長はルールの廃止を肯定的に受け止めた上で、「白紙状態の新人を“パルコ色”に染めるには10年以上かかる。むしろさまざまな専門技能を持つ中途採用の即戦力を獲得したい」と前を向く。経団連が会員企業向けに実施したアンケートによると、指針のあり方については、「広報活動や選考活動の開始時期の規定は削除すべき」とする意見が4割以上を占めたほか、指針廃止を求める意見も2割近い。
現行維持は約27にとどまり、「指針取りやめに意外感はない」(日立製作所)との声も聞かれる。だが一方で、指針廃止で人材獲得競争の激化に対する懸念も大きい。「これまでルールに従ってきた」とする大手保険会社は「内定を出しても引き留めるためのコストや人員が必要」と嘆く。
大手金融機関も「極端に早い青田買いや1年生から就活を行う学生が出るかも。学業やスポーツなど人間の幅を広げる大事な機会が損なわれるのでは」と指摘する。現行ルールの廃止を容認する企業からも「何らかのルールは必要」との意見が聞かれた。
自動車大手の関係者は「働き方改革の中でいつまでも採用活動が続く状況に陥る」と戸惑う。
政府が新たな指針策定に乗り出すとの観測も消えない中、「議論の行方を見守る」(大手製造業)との慎重姿勢も目立つ。日本鉄鋼連盟の柿(かき)木(ぎ)厚(こう)司(じ)会長(JFEスチール社長)は「新卒一括採用方式は必ずしも非効率ではなかった。(日本企業が)通年採用に移っていく過渡期にある」との見方を示した。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 就活指針廃止 長期化に懸念も

twitterの反応

たくべぇ【就活支援・21卒むけ。ESアドバイス・面接対策】→アラサー社会人 @syukatsu8ne2021

時は2018年10月9日。 経団連が、21卒からの「採用選考に関する指針(就活ルール)」の廃止を決定しました。 これによって、21卒の皆さんから就活が大きく変わるのではないか?と言われているのです。 経団連とは、「一般社団法人日本経済団体連合会」の略。

Menu

HOME

TOP