Google 個人情報流出を隠蔽か


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
Google 個人情報流出を隠蔽か
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 Google 個人情報流出を隠蔽か

twitterの反応

某氏(老齢ペットの無能なる執事) @hatunknown

で、伊賀FCくノ一が長々と隠蔽を続けている間に、個人情報保護法の適用除外規定はなくなり、EU一般データ保護規則(GDPR)が施行され、流出被害に巻き込まれた形のスポンサー企業も含めて問われうる法的な責任は大きく重くなっているわけです。 伊賀FCくノ一

某氏(老齢ペットの無能なる執事) @hatunknown

伊賀FCくノ一が、ファンクラブ【等】の個人情報流出事案の隠蔽を続けるのは何を考えているのものか知らんけど、現行法やガイドラインのトリガは「発生時」ではなく「発覚時」だから、このまま放置を続けたら事業者としては逆に詰むだけなんですけどね。 伊賀FCくノ一

ヒロシ(東北人) @Fenrir152365G

過去には成功例しか無いんでしょうね。 バカだから過去同様、スキャンダル隠蔽の方程式みたいなモノを繰り出してるだけ。 だから、スキャンダルじゃねーんだよ。事件だって。 個人情報を流出させた奴がいる。犯罪を教唆した奴がいる。 初手でそいつを切れば済んだだけの話。 バカ丸出し。

某氏(老齢ペットの無能なる執事) @hatunknown

・伊賀FCくノ一は、2014年7月から延べ1510件のファンクラブ会員個人情報を公式ホームページ上で誤公開してネット上に流出させた。 ・その事実を被害者にも通知せず未だに隠蔽し続けています。 ・また再発防止策の実施も確認されていません。 伊賀FCくノ一

うい @Ui_Aoe

免許診断 やってみました。 ご覧にならる方によっては気分を害されるかも…という部分については得意のモザイクで隠蔽。結果「わけのわからない免許」にw 診断途中で「生年月日」を入れる箇所があり、少し気になりました。 個人情報流出がないとは限らないので、おやりになる方は自己責任で。

Menu

HOME

TOP