まとめてポータル

ネットで話題のニュースとみんなの反応

転向の高橋大輔 未知数との声

楽天市場
転向の高橋大輔 未知数との声
[MARKOVE]

日本スケート連盟は26日、フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪男子シングルス銅メダルで、昨シーズンから現役復帰した高橋大輔(33、関大KFSC)がアイスダンスに転向することを発表した。2018年平昌五輪アイスダンス代表で15位だった村元哉中(26)とカップルを組み、2020年1月から米国に本拠地を移し、アイスダンスの指導者として超一流のマリーナ・ズエワ氏をヘッドコーチに招きトレーニングをスタートさせ、競技会出場を目指す。高橋のシングルの競技会出場はシード権を得ている12月の全日本選手権が最後になる。

 村元のツイッターなどによると、平昌五輪に出場した際に組んでいたクリス・リードとのカップルを解消し、相手を探していた村元が、今年1月に高橋に打診したのが発端。2人は、7月に行われたアイスショーの「氷艶hyoen2019 -月光かりの如く-」で共演している仲でもあり、トライアウトを重ねながら今回の決断に至ったという。

 全日本3連覇している村元は、日本スケート連盟のホームページに「この度、高橋大輔選手と新しい挑戦が出来ることを大変嬉しく思います。一歩一歩力強く進んでいきたいと思います。今後とも応援の程、よろしくお願い致します」とコメントした。

 一方の高橋は、「2020年から村元哉中選手とカップルを組み競技会に向けて新しい挑戦が始まります。更なる高みを目指し頑張ります。まずは全日本選手権での男子シングルの最後の演技に向けベストを目指していきます。今後とも応援の程、よろしくお願い致します」とのコメントを寄せ、この日、テレビ番組に出演した際には、村元とのカップルでアイスダンスで2022年の北京五輪出場を狙う考えであることを明らかにした。

 フィギュア関係者には、大きな驚きと衝撃を与えた異例の転向で、その成否については、「未知数」と捉える声も少なくない。

[/MARKOVE]

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - スポーツ
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
転向の高橋大輔 未知数との声
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

[getswin use_title="1"]

Amazon

-スポーツニュース