米長官訪朝「前向き感」演出


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
米長官訪朝「前向き感」演出
【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とポンペオ米国務長官の7日の会談は、2回目の米朝会談の実現に向けた「前向き感」を演出した。
【隣の国を歩く】“完璧”な北朝鮮かえって現実感わかずトランプ米大統領は6日、中西部カンザス州での支持者集会で、「北朝鮮と良好な関係が続いている」と強調した。
9月末には「互いに恋に落ちた」と首脳間の蜜月をアピールした。ただし、米朝首脳会談を実現したトランプ政権は「歴代のどの政権も成し遂げることのできなかった偉業を達成した」という中間選挙向けのアピール材料を既に手にしている。
政権内には「北朝鮮に拙速な譲歩を重ねることには慎重であるべきだ」との声が支配的だ。一方、北朝鮮は非核化の前提として、米国との信頼醸成がまずは優先されるべきだと繰り返している。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は4日、ポンペオ氏の国連安全保障理事会の北朝鮮問題に関する集中討議での発言を引用し「硬直性と無礼さに驚がくを禁じえない」と主張した。
訪朝した米当局者は7日、同行した米メディアにこう語った。「前回よりも良い訪問だったがさらなる努力が必要だ。米朝交渉は今後も長い道のりになりそうだ」。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 米長官訪朝「前向き感」演出

twitterの反応

共和国三大聖人bot @juche_bot

金正恩党委員長 訪朝したマイク・ポンペオ米国務長官に接見 チュチェ107(2018)年 5月9日

Menu

HOME

TOP