イケメン推し男性芸能人 増加


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
イケメン推し男性芸能人 増加
“男が憧れる男”と言えば、かつては父親であったり、芸能人なら故・高倉健さんや矢沢永吉、長渕剛、スポーツ選手では長嶋茂雄やアントニオ猪木のような“カリスマ”が本流で、いわゆる男臭い人物が多かった。
某議員の発言が物議をかもしたように、LGBTやジェンダーレスも一般レベルで語られるようになり、“美しい男性”に男性が惹かれたり憧れたりすることも、ことさら不思議なことではなくなってきた。今年9月期の「めざましテレビ」(フジテレビ系)の水曜マンスリーエンタメプレゼンターに就任した、ゴールデンボンバーのベーシスト・歌広場淳。番組のなかで、「歌広場淳のイケメン手帳」なるコーナー企画を担当し、放送後のネットで話題を集めた。
歌広場は、2015年放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で“女子な男”として、お笑いコンビNONSTYLE・井上裕介、こんどうようぢらと出演。その中でこんどうと「イケメン好き」や「女子と話すのが苦手」という点で意気投合する一幕も。「僕自身女性的感性を少し持っていて」と公言し、“おネエ疑惑”が浮上するほどの女子力全開のトークでスタジオを盛り上げた。
男性の美意識向上とともに、乙女力ともいえる“マインドも女性的な心”が増えている傾向といえそうだ。本人や女性ファンも公認、本気のファン度が嫌悪感を抱かせないそして、同じくイケメン好きを売りにしている異色な存在が、日本テレビの青木源太アナウンサーだ。青木アナは自他ともに認めるジャニーズ好きで、レギュラー番組の「PON」(日本テレビ系)では、ほぼ毎日にわたってほとばしる“ジャニーズ愛”を披露。
しかも、それはビジネス的な“ジャニーズ愛”ではなく、昨年にゲスト出演したKinkiKidsの堂本光一にも「すべてにおいて、われわれより青木アナのほうが覚えている」と言わしめるほど、豊富なジャニーズ知識を有しているのだ。青木アナのほうが覚えている」と認められるほど。それもあってか、2017年度「好きな男性アナウンサーランキング」では、女性ファンを取り込み前年の9位から3位にランクアップ。
公式ツイッターは現在約30万人フォロワーにものぼり、「TLに青木アナがいるだけで幸せ」、「私たちの代弁者」などの声が寄せられている。ジャニーズファンであり、かつ“青木アナファン”でもあるという女性が増えているという現れでと言えるだろう。ファンの共有化が援護射撃に自身のファン拡大も視野男性アイドル、イケメンといえば、極論、同性からは“嫌悪の対象”になりかねなく、男性ファンがつきにくいもの。
「熱心に同性が推してくれるというのは、タレントからしても嬉しいはずだ。現に、歌広場さんがドラマの実況をツイッターでやっていたのを見てましたよ」と松本潤にマジ告白。
女性芸能人が同性から支持されることで、タレントの人気が本物になるように、男性芸能人においても同じことが当てはまる。実際、ジャニーズ系タレントやイケメン俳優にしても、定番の女性人気に加えて男性芸能人からの“推し”が得られるので自分の好感度も上がり、ある種ファンを“共有”することにもなる。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – エンタメ イケメン推し男性芸能人 増加

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP