海水流入 横浜の数百社被災か

海水流入 横浜の数百社被災か
台風15号による高波で東京湾に面した横浜市金沢区の護岸が崩れ、隣接する工業団地に海水が流れ込んだ。
「廃業するしかない」。事業者からは悲鳴が上がり、市は実態調査を進めるとともに支援に万全を期す方針だ。【写真特集】台風15号の被害状況11日、工場が集積する福浦地区の路上には倒木やガスボンベ、廃材などが散乱していた。
海水に含まれていた泥が乾き、砂ぼこりが舞う。海に面した道路脇では標識やカーブミラーがひしゃげ、自動販売機が押し流されるなど高波の威力を物語っていた。工場は軒並み壁や窓ガラス、シャッターが壊れ、大量の海水が襲った痕跡が随所で見られる。
酷暑の中、工場や事業所では従業員らが後片付けに追われていた。掘削用などの鋼管を製造する山和鋼管の工場では一時、腰の高さまで海水が流れ込んだという。鈴木千代美社長(48)は「購入当時は十数億円もした機械類が全て駄目になってしまった。」
「保険が適用されるかも不透明で、約40人の社員とその家族を考えると言葉が出ない」とうつむいた。市によると、護岸延長約3・2キロが損壊。浸水被害を受けた地域は幸浦1、2丁目と福浦1~3丁目の4平方キロに上り、最高約2メートル浸水した。
幸浦、福浦両地区の事業所でつくる横浜金沢産業連絡協議会は立地する約750社のうち「少なくとも100社が何らかの被害を受けただろう」(渡辺真吾事務局次長)とみており、市と連携して各社の被害状況の確認を進めている。被災したのは中小零細企業が多く、業種は幅広い。鉄筋加工業ブラストの酒井照人専務(62)は「事務所のパソコンのデータが消えてしまった。
「金沢区の津波ハザードマップでは今回の波高では大丈夫だと思っていたのに、まさか護岸が壊れるほどの浸水は全くの想定外。事業継続を断念せざるを得ない事業者も出てくるのでは」と漏らす。
自動車解体業、大橋商店の大橋昭彦常務(58)は「台風シーズンを迎えて今後が心配でたまらない」と訴えた。市は都市改造方針「六大事業」の一つとして1971年から金沢区の沖合を埋め立て、市内に点在する工場などを集積した。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
海水流入 横浜の数百社被災か
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

Gekko_blue @BlueBirdman1800

『宇宙戦艦ヤマト 完結編 135億年前誕生の銀河,地球型惑星に水蒸気確認,海水流入 横浜の数百社被災,前澤友作 宇宙に行きたい,ミハエル・シューマッハ覚醒,竹本IT相の高評価動画,巡視船に小銃威嚇,2番目の恒星間天体,トリチウム水放出 まとめ 9/13』Birds-Eye|

ミツカジ マヤ I am not ABE @mitsukajimaya

なんぞね… 下田で直撃食らって西伊豆経由で脱出した時に見た風景から神奈川も港湾部被害あるでしょって言いはしたけど、予想のだいぶ上行っとるやん メディア、もうちょいマトモに機能してくれやんと… 海水流入 横浜の数百社被災か |2019/9/12(木) 9:17 - Yahoo!ニュース

ザ・速報@相互フォロー @TheSokuhou

海水流入 横浜の数百社被災か


Menu

HOME

TOP