NEM流出 消えた「北関与」


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
NEM流出 消えた「北関与」
コインチェック事件に関与したハッカーが開設したとみられる「闇の仮想通貨交換サイト」。
「こんな手抜きはあってはならない」と批判する。【イラスト】コインチェック社員がウイルス感染した経緯国連安保理の北朝鮮制裁に関する専門家パネルは今月5日に公表した新たな報告書で、北朝鮮が各国の金融機関や暗号資産交換所にサイバー攻撃を仕掛け、20億ドル(約2100億円)相当の資金を違法に取得したとする試算をまとめた。コインチェック(東京)がハッキングを受けたのは昨年1月。
事件の「北朝鮮説」が前回報告書で示された根拠は、ロシアのセキュリティー企業がまとめたリポートの引用だった。だがリポートを読むと、北朝鮮説とする根拠はどこにも書かれていなかった。朝日新聞が今年5月、この企業に情報の根拠について尋ねたところ、「北朝鮮のハッカーが関与した可能性を示唆する間接的な証拠しかない」との返答だった。
そのうえで「国連の報告書では、パネルがロシア企業のリポートを引用した際、その内容を検証した痕跡は見受けられない。こんな手抜きは本来、あってはならない」と批判した。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
NEM流出 消えた「北関与」
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP