風で室外機倒れた 業者依頼を

風で室外機倒れた 業者依頼を
倒れたものを起こすくらいなら……などと考えてはいけない  もし台風でエアコンの室外機が倒れたら、自分で起こそうとせず電気工事士に依頼しよう――。
【画像で見る】台風で動いてしまった室外機元電気工事士を親に持つ、桐山八恵子さんの投稿。なぎ倒された室外機の写真は、2018年に大阪で台風に見舞われたときのものだそうです。一連のツイートは広く拡散され、リプライでも「室外機が転がると、管がねじれて亀裂が入り、最悪の場合冷媒がもれる」「感電のおそれも」「子どものころ好奇心で触ってケガしたことがある」など、注意を呼びかける声が上がっています。
台風の到来時、室外機の取り扱いで注意すべき点は編集部は大手空調メーカーのダイキンに話を聞きました。まず、転倒や破損の際には、やはり「自身で起こしたり修理しようとしたりは避けてください」との回答。エアコンの据え付けを依頼した業者や、メーカーと相談してほしいとのことでした。
理由は、温度が零下になっていることもあり、触れると負傷する可能性もあるそうです。なお、同社の室外機は風雨だけでなく、高温や低温、衝撃など300以上のさまざまな耐久試験をクリアーしているため、台風が来た際も平常通り使用して問題ないとのこと。
ただ、広報担当者は「外に出ると危ないので、室外機の据付時には転倒防止のために「アンカーボルト(室外機と床面をつなぐボルト)」の使用をお願いしているとのこと。ただし、賃貸物件のベランダや防水処理された屋上など、現実的にはアンカーボルトを打ち込めないケースもあり、その場合は風を受けにくいよう設置を工夫するといった代替策を案内しているそうです。
代替策としては、重いコンクリート製の防振パッドを下に敷くと、強風によるズレも防止できて効果的だそうです。エアコンを導入する際は、これらも含め業者と相談するとよさそうです。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
風で室外機倒れた 業者依頼を
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP