景況感の悪化 貿易摩擦が響く


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
景況感の悪化 貿易摩擦が響く
[東京 1日 ロイター] – 株高・円安が続く市場動向とは裏腹に、企業の景況感がさえない。
9月日銀短観は大企業・製造業の業況判断DIがプラス19となり、3四半期連続で悪化して以来、約10年ぶりだ。好調を維持してきた同非製造業もプラス22と8四半期ぶりの悪化となった。
それでも日銀では、相次いだ自然災害によって物流や生産への被害が発生したことを踏まえれば、今回の短観はそれなりにしっかりした内容と受けとめているようだ。内外需のバランスのとれた成長が持続する中、好調な収益環境を背景に企業の景況感が高水準にあるのは事実。先行きは同製造業・非製造業ともに横ばいを見込んでおり、先行き慎重になりやすい短観の特徴を前提にすれば、企業マインドが悲観に傾いてみるのは早計といえる。
設備投資計画は過去平均を上回るペースを維持しており、売上高経常利益率も「歴史的な高水準」(調査統計局幹部)にあるなど、しっかりした事業計画に大きな変化はみられていない。もっとも、激化する米中貿易摩擦など保護主義的な通商政策に対する企業は増えているという。
経済産業省が28日発表した8月鉱工業生産指数速報は前月比07上昇し、4カ月ぶりに上昇したものの、事前の市場予想を下回る弱めの内容になった。特に電子部品・デバイス工業が同88減となり、前月段階での微増計画が大幅な減少となったことが足を引っ張った。現時点で具体的な要因は定かではないが、日銀では、こうした背景に米中貿易摩擦が影響していないか、慎重に分析を進めているもようだ。
黒田東彦総裁は9月25日に大阪市内で講演し、先行きのリスク要因のうち、貿易問題の影響は数字にこそ明確に表れていないものの、日銀短観で企業から寄せられた声からは、すでに企業マインドに暗い影を落とし始めている可能性がある。
収束の兆しがみえない米中貿易摩擦を中心に、問題の長期化自体が企業マインドに悪影響を与えかねず、日銀は動向を注視している。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 景況感の悪化 貿易摩擦が響く

twitterの反応

パグさん♪ 🌸 @fvjmac

サンモニ 寺島実郎氏 ある意味では正直な萩生田さん。2012年と18年を比べてみて、給与は3.9%増えたものの消費者物価は5.3%上がり、物価の方が高くなっている。国民の実感としては、景気が良くなっていないはず。株が上がったのは年金基金や…

paravola @paravola

(韓国を経済制裁してもっと盛大に自傷しないと)米中の貿易摩擦や海外経済の減速が景況感の悪化につながった / “大企業・製造業の景況感 大幅悪化 日銀短観  :日本経済新聞”

AmariHiroyuki @MeisterAmari

>前回2018年12月調査のプラス19から7ポイント悪化した。7ポイントの悪化は12年12月(9ポイントの悪化)以来、6年3カ月ぶりの大幅な悪化となる。米中の貿易摩擦や海外経済の減速が景況感の悪化につながった >業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた値

藤原毅芳 @fujiwaratake

半年前と比べた地元の景況感を示す指数(D1)がマイナス3.5となった。2018年秋の前回調査に比べて28.3ポイント低下で、2年半ぶりにマイナス圏に沈んだ。悪化要因は「新興国の減速」が多く、米中貿易摩擦の影響が地方にも及んでいる。

武中  大輔 @data1967

日経新聞朝刊「地方景況に減速感、地域経済500調査、米中摩擦が影響」半年前と比べた地方の景況感を示す指数DIがマイナスに。18年秋の前回調査比28.3ポイント低下で2年ぶりにマイナス圏に沈んだ。悪化要因は新興国の減速が多く米中貿易摩擦の影響が地方にも。個人消費の低迷、物価人件費上昇も。ふむ。

Menu

HOME

TOP