まんぷく安藤 育児と両立挑む


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
まんぷく安藤 育児と両立挑む
第1回は史上初の“ママさんヒロイン”となった安藤サクラ)撮影を行う大阪のNHKで、安藤が利用しているのが局内のキッズスペース。
昨年6月に新設された。約10畳の広さで、子供に安全なマット、おむつ交換台、授乳スペースなどを完備。撮影初日から長女を連れて“出勤”している安藤は「とても楽しく特別な時間を過ごしています。」
「きっとそれは母と娘の共鳴なんだと思います。母が幸せなら母も幸せだし、娘が幸せだったら娘も幸せ」と目を細めた。出演オファーを受けたのは出産4カ月後の昨年10月。
最初は「できるわけない」と断るつもりだった。「母は子育てに専念するべきだと考えていた。“何でこのタイミングなの”と悔しかった」。
考えを変えるきっかけになったのは、義母の角替和枝(63)の言葉。「これをやらないんだったら事務所も仕事もやめちゃいな」。女優として活躍しながら3人の子供を育て上げた“先輩”の言葉。
撮影期間は約10カ月。「自分たちでスペシャルな時間にする覚悟」を決めて4月から大阪で長女との2人暮らしを始めた。制作側と相談し、通常5月中旬以降という撮影開始を5月頭に早め、1日単位の撮影時間を短縮。
ロケ現場にも長女を連れて行き、安心して仕事に取り組める環境で臨んでいる。「みんなに子供を育ててもらっています。最初に娘が歩いた時はみんな喜んでくれました」。
幼い子供がいる現場がドラマの温かい空気づくりに役立っている。経験がないタイプの役とも向き合う。ヒロインはとことん前向きで明るい。
これまで多く演じてきたシリアスな役とは真逆。「今まではあえて斜めに立ったりしていましたが、肉体的にまっすぐ立つことを心掛けています。まっすぐな女性を時間をかけて演じることで、人としても女性としても良い生き物に生まれ変われる気がします」。
出産シーンも予定され「リアリティーあふれる陣痛をお届けできると思います」朝ドラのヒロイン史上初めて、育児と撮影の両立に挑む安藤。女優として母親として、どんな成長を遂げていくのか目が離せない。ドラマではおちゃめ夫役・長谷川博己の素顔は「格好いい」夫・立花萬平役を演じる長谷川博己(41)とのやりとりは見どころの一つ。
「物語の序盤は2人がうまくくっついていく過程がとても面白いんですよね」とニヤリ。作中で長谷川は不器用ながらも誠実で、どこか“天然”な部分も見え隠れする役柄。
まんぷくインスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者、安藤百福氏とその妻仁子さんの半生をモデルに描く。舞台は戦前から高度経済成長時代にかけての大阪。明るくひたむきに生き抜いたヒロインの福子とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平の波瀾(はらん)万丈のストーリーとなる。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 まんぷく安藤 育児と両立挑む

twitterの反応

ぶーん @bun_buun_buuun

ちゃんとみてないんですが、今日のまんぷくの、安藤サクラの息子の葛藤?確執?をみて、能力の高い親の子どもって大変だなって思う。発明した、成功したイコール育児や教育が得意ってわけじゃない。

Menu

HOME

TOP