米「次の標的」イランを威嚇

米「次の標的」イランを威嚇
国連総会を舞台に米国とイランの対立が先鋭化している。
仕掛けたのはトランプ氏だ。
11月の中間選挙を控え、トランプ氏は好調な経済による「繁栄」と、北朝鮮問題を進展させたという「平和」をアピールする。
北朝鮮を相手に使った手法だ。トランプ氏は25日のコロンビア大統領との会談冒頭、記者団に「我は、イランのロハニ大統領は「米国の制裁再開は一方的で違法だ。」
「経済発展の権利を侵害し、世界貿易にも混乱を起こしている」と語った。
トランプ氏が7月末に会談に応じる姿勢を表明し、イランでも首脳会談への機運が高まった。だが、国内では最高指導者ハメネイ師の影響下にある保守強硬派の反対が根強い。米国の制裁再開による経済悪化を受けて、対外融和路線のロハニ師は批判にさらされており、保守強硬派に配慮せざるを得ない状況だ。
米国と欧州でも広がる溝イランと米国の批判合戦が続く中、トランプ氏は冒頭、「イラン政権は中東地域のテロのスポンサーであり、紛争をたきつけている。絶対に核兵器を持たせてはならない」と真っ先に批判した。
核合意に関しても「現金が欲しいイランに現金を与えた。トランプ政権は、イラン糾弾の場として安保理も利用した形だ。」
一方、欧州連合(EU)や英独仏など核合意の当事国は、イランとの原油取引などの維持に向けて決済を手助けする枠組みをつくることで合意した。
ユーロなどを使った決済システムでイランが残留条件とする「経済的利益の保証」を目指すのが狙いだ。ただ、詳細は不明で、欧州企業などをイランに踏みとどまらせることができるかは不透明だ。EUなどの動きについて、ニューヨークで25日に開かれた反イラン核合意を掲げるNPOの会合に出席したポンペオ米国務長官は「地域や世界の平和に対して、想像しうる最も逆効果の手段だ」と批判した。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 米「次の標的」イランを威嚇

twitterの反応

うみ@ADHD @uranoumisan

多動衝動優位ADHD人は、生まれながらの ・帰国子女 ・狩猟民族 的な性質を持っているため、正反対で均質の国民性を持つ日本においては浮きまくる おまけに同調圧力が強いゆえ、「他と違う」というだけで ・仲間外れ ・イジメ の標的にされる…

香椎*人間万事ジャムるか自然撃発 @Dr_Kashii

Kaupo問題集 次の分子標的薬のうち主な副作用として視覚障害を引き起こすのはどれ?

沖田総悟 @sougo_78_bot

そう かしこまるな 俺の標的はお前じゃねーよ 悪いが 最後の一本はおれがいただいた てめーみてーなデケー刃には そこがお似合いだぜ 鞘ん中で眠りやがれい なまくら

ぽむ @pomu7743

周回→全体宝具回転率 スト・イベ→ゴリラ&全体宝具回転率 高難度→介護されたゴリラ 概ねこの図がずっと続いてるfgoにおいて あらゆる状況でも鍛えた技で標的を仕留める暗殺者より 強いスキルと宝具と性能の良いゴリラが優先されるのは必然ウホ

梶原にぶんのいち @nibunnnoiti

無敵の異能力系殺し屋と標的にされた女の話

Menu

HOME

TOP