シイタケ産地存続の危機 岩手

シイタケ産地存続の危機 岩手
東京電力福島第1原子力発電所事故による原木露地シイタケの出荷制限を解除された岩手県の産地が、原木価格の高騰にあえいでいる。
生産者は、将来への不安を抱えたまま制限解除後2年目の秋子の収穫を迎える。(海老澤拓典)かつて同県を代表する産地だった一関市の山間部、興田地区のほだ場。
シイタケを手掛けるのは、JAいわて平泉椎茸(しいたけ)部会長の佐木久助さん(64)原発事故前には年間5000本植菌していた。出荷制限解除のためのルールを県が定めたことを受け、2015年春から2000本に植菌し、生産を再開した。
17年春に出荷を始め、今年はほだ木3000本を手掛ける。だが、事故前の生産環境には程遠い。制限解除後も、ほだ木を地面に接触させないなど放射性物質を避ける管理を徹底しなければならず、手間が増えた。
最も打撃が大きいのは、原木を地元で賄えないこと。使えるようになる時期は不透明のままだ。そのため原木は、県森林組合連合会を通じて県北部や秋田県から調達している。
そんな中、原木の価格高騰に直面した。18年度は1本当たり400円と、原発事故前の同150円と比べて2・5倍以上となった。種菌代などを踏まえると、ほだ木1本当たりにかかる経費は約500円。
干しシイタケの価格は事故前の8割の水準で、17年度からの販売収入だけでは生産コストを賄えず、東電からの損害賠償で赤字を何とか回避している状況だ。佐木さんは「地元の原木が使えるようにならないと、どうしようもない。賠償ありきの営農再開。」
「賠償がなければ、離農せざるを得ない」と、苦しい胸の内を明かす。JAいわて平泉管内では、原発事故の影響で離農者が続出。現在の生産者数は佐木さんを含めて15人。
事故前と比べ10分の1にまで縮小した。深刻なのは、後継者不足だ。毎年、1、2人いた新規就農者は原発事故後、一人もいない。
JAは「賠償なしでは赤字となる現状では、賠償の対象にならない新規就農者の参入が考えにくい。このままでは、産地の存続が難しくなる」(園芸課)と打ち明ける。原木価格が下がる見通しは立っていない。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 シイタケ産地存続の危機 岩手

twitterの反応

吐鳥 @HaketoriUsho

いままでの凛世とあまりにも違いすぎて、(お、めっちゃ絵のうまい二次創作だな)って思いました シイタケ目かわいい

あみちー @amichidrrlog1

でも普通にさ、景光のおっちゃん若い頃相当イケメンだよな。今はいかついシイタケだけど、顔は整ってる。

遠藤ゆか **美術staff 🐕 @yuka_enchan

この友達が作って来てくれた料理 スゴくなぁ〰️い? 👩‍🍳 みにみに トマト🍅や みにみに シイタケ🍄や みにみに キュウリ🥒 😋最高ォ〰️〰️⤴️ フラダンス アロハ ハワイアン Aloha ポップ カラフル アメリカン

cactusmini @cactusmini

5月20日の朝食  市販の野菜と果物のジュース お煎餅 レトルトの炊き込みご飯 お味噌汁(乾燥若布 生姜 粉末のピーナッツ 干しシイタケ 味噌 梅干し カット野菜のほうれん草とレタス) 市販のしじみと昆布の佃煮 市販のりんご入りヨーグルト チョコチップクッキー 牛乳

さっちが情報相互フォロー @sacchiga_info

初心者でも簡単なしいたけ栽培。手軽なシイタケ(椎茸)栽培について。 | さっちがジャーナル

tet @okm_TI

茄子の浅漬けと切り干し大根。 輪切りの切り干し大根と干しシイタケの戻し汁も使ったので走馬灯走りそうなくらいおばあちゃんテイストに仕上がりました。

ねむりbot @nmuribot

【椎茸】放射能で汚染された原木を使ったら、どこで栽培しようと、汚染されたシイタケが収穫される。【天然魚】どこの海で獲れた魚だろうと、水揚げした港が産地として表記される。【養殖魚】産地が九州だろうと北海道だろうと、餌として汚染された魚を与えて養殖したら、汚染された魚になる。

@ksw_under

佐倉蜜柑が下駄箱を開けてみると「しいたけ」が40個入っていました。 neta2u 蜜柑はシイタケが苦手なので、私へのいたずらに対する罰が当たりましたね…(´▽`)

Menu

HOME

TOP