KIDさん 5歳からの勝負人生

KIDさん 5歳からの勝負人生
格闘家の山本KID徳郁さん(41=KRAZY BEE)が亡くなったことがわかった。
復刻版として振り返る。【写真】山本KID徳郁さん死去41歳先月がん公表今、日本で最も面白い闘いをみせる男だ。
昨年のK1の総合格闘技イベントHEROSでミドル級世界王者に輝いた。倒すか、倒されるかいちかばちかへのこだわりは、ミュンヘン五輪でメダルを逃した父親郁栄氏(61)譲り。小さな体に備わる動物的な勘や身体能力も、家族があったからこそはぐくまれた。
家族関係が希薄になり、子供をめぐる問題が深刻化する現代に、その生きざまはヒントを与えている。
5歳から始めたレスリング。今まで自分より小さい選手と戦ったことはない。現在は163センチ、64キロ。
主戦場のHEROSのリミット体重は70キロだから、減量の必要はないが、前日計量のため常に10キロ以上重い相手と戦っている。「周りから「小さいのにすごいね」と言われて、あらためて気付かされる。そういえば、自分は小さいのかって。
「子供のころからずっと、相手の方が大きかったから、それが当たり前。小さいなんて、今まで気にしたこともない」。体のハンディを全く感じさせない。
それが最大の魅力だ。04年2月にK1デビューすると、瞬く間にスターにのし上がった。
05年大みそかには須藤元気を倒して、HEROSの初代ミドル級世界王者に輝いた。「K1に参戦した時から、盛り上げる自信はあった。お客さんがスカッとする試合を、意識せずにできるから。」
この前、サラリーマンから「あなたの試合を見ると、仕事へのチャレンジ精神が生まれるなら、戦いがいがある強いだけでは、ここまで支持されない。激しく、スピーディーな展開。」
勝つか負けるか。倒すか倒されるか。ただそれだけ。
判定勝利は狙わない。試合を引き延ばしたり、勝ちを拾ったりすることは絶対にない。そんなスタイルは、父親によってつくられた。
郁栄氏は「疑惑」ともいわれた不利な判定が響いて、メダルを逃した。子供のとき、何度も読んだ。
「おやじからは「判定決着はだめだ」としつこいほど言われた。判定では、審判の主観、時には人種の違いなども影響する。勝つならKOか、1本勝ちだと。
だから、子供の時に誓った。負けてもいい。白黒はっきりつくまで戦うんだと。
「今は倒すことしか考えないし、体が勝手に反応しちゃう。無難に勝つことは、オレの中ではあり得ない。だから、コロッと負けることもあるんだけど」。
「心」だけでなく「技」「体」の面でも過酷なほど鍛えられてきた。5歳からレスリング漬けで、正月も誕生日もなかった。「しょっちゅう、ぶん殴られてた。
中学1年でたばこを見つけられた時は、ぐちゃぐちゃにされた。でも、子供はたたかないと分からないでしょ。理不尽なものはいけないけど、意味のある体罰は必要なんじゃないかな。
「おやじには、殴られたことを感謝してますよ」。鬼の父親が、仏に変わる瞬間があった。レスリングの試合に勝った時だ。
特大の機動戦士ガンダムのプラモデルなど、欲しいものは何でももらえた。勝てば、楽しいことがある。父親の優しい顔も見られる。
体に刷り込まれていった。「祝い事は一切なかったから、試合に勝って、プレゼントをもらうことだけを考えてた。何かを得るためには、勝ち取らなければならない。」
「プロ根性みたいなものが自然と身に付いた。今はおもちゃが賞金に変わっただけで、やっていることは変わらない。プロとしてやっていけてるのは、おやじのおかげかもしれない」。
レスリング一家のサラブレッドだが、格闘人生は決して順風満帆ではなかった。母親の死は、この半生で最大の悲しみだった。99年9月14日、憲子さん(享年51)が亡くなった。
やはりレスリング経験者で、審判の資格も取り、子供たちをサポートしていた。悲報の3日後、全日本大学選手権で優勝した。
「落ちたよ。その時は。でも運命だし、くよくよしても、おふくろは喜ばないから。」
今はね、上を見れば、いつもいて、オレを見てくれている。だから悪いことできないんだよね。生きてる時は、練習さぼっても分からなかったけど、今は全部見てるから。
「試合も最高の特等席で見てる。だから負けられない」。その年の11月、シドニー五輪予選を兼ねた全日本選手権で出場切符を逃し、プロ転向を決意したが、壁に突き当たった。
「自信満で、総合格闘技の世界に飛び込んだ。みんな倒せると信じてた。だけど、現実は違った。」
「知らない関節技を簡単にきめられたり。打ちのめされた。悔しくて」。
さいたま市のジムにこもった。1日6時間以上、食事と睡眠以外は汗を流した。当然、金はない。
電気も止められた。ろうそくの火を頼りに暮らす極貧生活が、約1年続いた。アマレスで活躍する姉美憂(31)、そして妹聖子(25)の注目度が増す中、1人取り残されたようだった。
「こいつら(ジム仲間)の3倍(練習を)やれば、強くなると思った。とことんまで体をいじめてやろうと。「プロになるまでは、どこにも行かない」って決めた。
「常に体中が痛かったけど、強くなるためだから苦じゃなかった」。ろうそく1本の暗い部屋でも、孤独に負けなかった。5歳から父と厳しい練習を積んだ自分を信じることができた。
「今はチャンスに恵まれないだけなんだ」と言い聞かせた。「テレビで格闘技を見ても、こんなの偽者じゃないかって。オレが出れば、みんな注目するぞと。
「運とチャンスがあれば、絶対に格闘技界を変えてやると思い続けた。1年後にプロデビューできたけど、あの1年があるから、今の自分があると思っている」。家族に鍛えられ、支えられてきた歩み。
今は自分も2児の父親になった。
毎朝、車で保育園まで送る。「家族のためなら死ねる」とてらいもなく言い切る。
「いいところに行って、いいものを食わせて、いい服を着させる。だけど、ニュースを見ちゃうとね。もしオレが、ろうそくで暮らしてた時代だったら、オレもストレスをためて、子供に害を与えたかもしれない」。
幼児虐待、少子化問題子供をめぐる問題はひとごととは思えない。自然と言葉が熱くなった。「国は、まず第1に子供にお金を使ってほしい。」
「貧しかったり、共働きで子供を育てられない夫婦をサポートするとかね。お金は満たされるから。援助があれば、子供に被害はいかないでしょ」。
母親が願っていた五輪のメダル。父親の悔しさを晴らす気持ちは、今も忘れたことはない。「チャンスがあれば、北京五輪に出たい。」
子供のころからメダルが目標だったから。中途半端ではだめだから、挑戦となれば、アマで世界の頂点に立つ。
トップファイターの中で最も小柄な男の夢は、誰よりも大きい。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ KIDさん 5歳からの勝負人生

twitterの反応

YANOIZUMI @aspringatnight

「差別じゃねえよ?女のことはわかんねぇから。俺は男のことしかわかんねぇから。男には人生で何回か勝負しないといけない時が必ずあって、今日がその時だと思ってる」と言って始まった昨夜のエルレ。細美さんの目が完全に獣だった。ぞくぞくした。 ナナイロエレクトリック

渡辺ペコ1122いいふうふ5巻5/23発売📕 @pekowatanabe

今夜は、白央さん が家庭科の調理実習のことをお尋ねになっていたので、子どもの頃のことを思い出しています。 これは、母に貰った、人生で初めての料理本です。 今見てみても、子どもだましではない真っ向勝負の内容だし、筆者からのメッセー…

ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば @KAZUNAR39538999

今日の人生のお勉強動画 婚活パーティー編 男は顔やない! べしゃりで勝負や! しかし、そこには厳しくてシビアな女性の反応が待っていた 学長、すごいですね。 第15回 学長婚活パーティーへ行く さんから

Menu

HOME

TOP