有休義務化 企業と社員の課題

有休義務化 企業と社員の課題
休暇中も賃金が支払われる年次有給休暇(有休)の制度が変わる。
年10日以上の有休が与えられている社員について、年5日は必ず取得させるように企業に義務付けます。中小企業を含めすべての企業が2019年4月からその対象です。働き方改革の一環で労働基準法が改正されました。
過重労働を防止し、休むときはしっかり休んで仕事の生産性を高める狙いです。有休は働く側が原則自由に決められます。
ただ、職場への気兼ねなどがあり、なかなか有休を取りません。そこで会社側に消化義務を負わせることにしました。5日分については本人の希望を聞いた上で、取得させる日時を会社が指定し、休ませなければいけません。
これにより年5日は必ず有休を取ることになるので取得率は今より底上げされるでしょう。
男性では「昇格・査定への影響が心配」を挙げる人も目立ちました。違反した企業に科します。
罰金が違反1件当たりなのかは明示されていません。
これまで企業は働き手の時季指定権を逆手に取り「社員が取得しない」と言い逃れができました。でも今後は通用しません。現在策定中のガイドラインでは企業に有休取得管理簿づくりを求める見通しです。
取得状況などの情報を本人とその上司で共有し、確実に取得させる狙いです。各職場で社員が有休を消化できるように業務量を調整する必要もあるでしょう。サービス業のように土日も仕事がある業態は勤務ローテーションの組み方に工夫が求められます。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 有休義務化 企業と社員の課題

twitterの反応

シェフ @shev_badler

有休取得義務化に際して… ・企業の課題「人手不足」「業務の偏り」「仕事量が多い」←わかる ・社員の課題「休めない空気」「周囲に迷惑がかかる」「周囲も有休をとらない」←ダメだけどまあわかる ・企業の対策「有休を計画的にとるよう啓発し、促す」←アホなの…

Menu

HOME

TOP