法政大が快進撃 G大阪も撃破

法政大が快進撃 G大阪も撃破
今大会の台風の目になっている。G大阪は今夏復帰したMF井手口陽介が先発。FW宇佐美貴史やMF倉田秋らはベンチからのスタートになったが、リーグ戦のメンバーに見劣りしない布陣で臨む。
一方の法政大も直近の大学リーグで無失点だったDF陣に変更なし。FC東京に内定するMF紺野和也(4年武南高)はベンチからのスタートになった。互いに様子見の立ち上がりかと思われたが、法政大が積極的にシュートを打って、G大阪のゴールマウスに迫っていく。
前半8分にはMF平山駿(3年三菱養和SCユース)が強烈ミドル。惜しくも枠を捉えなかったが、会場をドッと沸かせた。すると前半24分、法大がスコアを動かすことになる。
そして1点ビハインドで折り返すことになった後半には井手口に代えて宇佐美を投入して、勝負を決めているFW松澤彰(4年浦和ユース)を投入するなど、勝負を決める得点を奪いに行く。
そして後半25分、左CKをニアで合わせたDF森岡陸のゴールで待望の2点目。法政大応援席の目の前で歓喜のゴールが生まれた。窮地に立たされたG大阪は、後半27分に福田湧矢に代えてFWアデミウソンを投入。
“本気布陣”で反撃を狙う。しかし追加点を奪ったことでより守備意識が高まった法大の守備網を崩し切るのは容易ではなかった。G大阪は昨年も2回戦で関西学院大に敗れており、2年連続で大学勢に苦杯をなめる形になった。
法大は今夏、FW上田綺世が鹿島アントラーズの活動に専念するために退部。しかしエースを失った法大が見せるのは団結力。“法大旋風”。
快進撃は続く。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
法政大が快進撃 G大阪も撃破
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

T.Matsumoto @buinnx

サッカーは高校も実業団も大学もプロも同じ土台で戦えるからな(今は高校は出れないみたいだが)。素晴らしい。→法政大が快進撃 G大阪も撃破 Yahooニュースアプリ


Menu

HOME

TOP