露の爆発 基準値16倍の放射線

露の爆発 基準値16倍の放射線
ロシア極北のアルハンゲリスク州にある軍事基地(2011年11月9日撮影、資料写真)。
負傷者も複数おり、病院に搬送された。同国の水文気象環境監視局(Rosgidromet)は、同実験場から約30キロ離れたセベロドビンスク(Severodvinsk)の町内に設置された複数のセンサーで、放射線レベルが基準値を上回り、正常に戻ったのは2時間半後だったという。
このうち1つのセンサーでは、1時間当たり178マイクロシーベルトを示した。同域の平均値よりは高かったとはいえ、危険レベルに比べればずっと低かったとしている。ロスアトムは、職員らがミサイルの「放射性同位体供給源」に関するサポートを行っていたところ、爆発により実験場から海に吹き飛ばされたと説明していた。
米国の専門家らは今回の事故について、今年に入りウラジーミル・プーチン(VladimirPutin)大統領が称賛していた原子力推進式巡航ミサイル「9M730ブレベストニク(9M730Burevestnik)」に関連しているとみている。ドミトリー・ペスコフ(DmitryPeskov)大統領報道官は13日、事故と同ミサイルの領域におけるロシアの研究開発は「他諸国の到達レベルを大きく超えており、他に類を見ない」と述べた。【翻訳編集】AFPBBNews。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際
▼濃いヒゲもスッキリ ランキング1位▼
楽天市場で見る
露の爆発 基準値16倍の放射線
▼ワキがくさい季節 ランキング1位▼
楽天1位 ワキガ
⇒amazonで探す

twitterの反応

伊藤勇夫 @wasabida

ロシア極北で先週発生したミサイル実験場での爆発事故をめぐり、連邦気象当局は13日、近隣の町で放射線レベルが一時は基準値より最大16倍まで上昇したと発表した。 

田中敏夫 @EBis2psd7dYj9y8

露の爆発 基準値16倍の放射線 -> 新しい兵器の開発。ミサイルで各くぉ使うというのは、ミサイルで放射能をばらまくか、動力として核を使うかどちらか?

羽菜世あつこ(まっとうな暮らしを求めて💓)#りっけん @panasea75

ロシア極北で先週発生したミサイル実験場での爆発事故をめぐり、連邦気象当局は13日、近隣の町で放射線レベルが一時は基準値よ…

910 @taka910910

続報】 ロシア極北で8日発生したミサイル実験場での爆発事故をめぐり、連邦気象当局が、近隣の町で放射線レベルが一時は基準値より最大16倍まで上昇していたと認めた。国営原子力企業ロスアトムの科学者5人が死亡。新兵器の実験に関わっていた https…


Menu

HOME

TOP