内閣府統計も過大に推計か

内閣府統計も過大に推計か
政府の所得関連の統計に今年に入って高めの数値が出ている問題で、内閣府が作成する統計「雇用者報酬」も過大に推計されている可能性が高いことが12日、西日本新聞の取材で分かった。
ただ、この増加率は、今年1月の作成手法見直しで所得指標が高めに出るようになった厚労省の毎月勤労統計を用いてはじいている。
経済分析の専門家も、厚労省統計の高めの数値が他の統計に連鎖する事態を憂慮している。ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済調査室長は「雇用者報酬も実勢より上振れしていると考えられ、所得関連統計の信頼性が問われている」と訴えている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 内閣府統計も過大に推計か

twitterの反応

ッピな月さん号ッピ @unauna_unanan

内閣府の統計見ると75歳以上を第一当事者(事故時にもっとも過失が大きい人)とする原付き以上の死亡事故は年間450件くらいおきてるみたいだけど、やはりここは安全喚起のため国民は毎日3分間テレスクリーンの前に集合し、直近に起きた事故に付いて心に刻む時間を設けるべきではなかろうか。

ガナ @Gana_Ship8

懸念されていたGDP統計(2019年1-3月期1次速報値)ですが、前期比プラスで着地したようです。 残念ながら、これで消費税増税回避の可能性が低下しましたね。😣😣 東洋経済オンライン 内閣府…

LinusVanPelt_Jr @LinusVanPelt_Jr

5月20日の2019年1~3月期のGDP統計の公表で消費増税は厳しいと判断が出ると思っていたが詐術的にプラスと内閣府は公表して茂木さん、菅さんは消費増税大丈夫という。本田悦朗さんご指摘の通り、日本発リーマンショック級の世界恐慌のカウンタダウンか…

Michael. A @nasitaro

3月の「景気動向指数」において、内閣府はついに基調判断を景気が後退している可能性が高いことを表す「悪化」に引き下げました。統計偽装も公文書改ざんもへっちゃらの安倍政権ですが、今度こそ万事休す。アベノミクス破綻を認めざるを得ないでしょう。 h…

Menu

HOME

TOP