関空 浸水した地下の重要施設

関空 浸水した地下の重要施設
台風21号の高潮被害で一時閉鎖された関西国際空港は、防災センターや変電設備といった重要施設を津波や高潮の影響を受けやすいターミナルビルの地下に配置していた。
台風21号で地下部分が浸水し、3基が被害を受けた。この影響で第1ターミナルの大部分で電気が使えなくなり、空港の全面再開に向けた大きな足かせになっている。同じ地下1階の防災センターも浸水で設備が故障して館内アナウンスを流せなくなり、孤立した空港から出るための船の運航見通しなどを多くの利用客に伝えられなくなった。
関西エアポートの山谷佳之社長は8日の記者会見で「日本の空港や大きなオフィスビルは電気施設などがおおむね地下にある。津波も高潮も、かさ上げした護岸で守られている。」
通常の大雨なら排水ポンプが機能すれば全て排水できた」と述べ「想定外」を強調したが、インフラの重要設備の水没は重大事案につながる。2011年3月の東日本大震災による東京電力福島第1原発の事故は、海抜の低い場所にあった非常用ディーゼル発電機が津波で使えなくなり、原子炉を冷却できなくなったことで起きた。
同空港会社は「高波や津波は護岸を超えることを前提に避難計画を立てている」と説明する。1階の電気関係設備など重要施設の入り口には可動式の防潮板を設置。旅客ターミナルには高所へ誘導する看板を掲げ、屋外に警報サイレンを整備する。
片田敏孝・東京大大学院特任教授(災害社会工学)は「関空は海上にあり、地盤沈下も進むなど浸水リスクは想定されていた。重要なインフラ設備なのに、水に弱い電気設備を地下に置くのは危機管理として問題がある」と指摘する。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 関空 浸水した地下の重要施設

twitterの反応

にっち @niche2113

「沈んだ関空」 なぜ増収 台風被害カバー 中国人が後押し 欧米路線 地道に誘致 関西エアポートの平成31年3月期連結決算。昨年9月の台風21号で関空が浸水被害を受けたにもかかわらず、増収増益を確保した。関空で増え続けるアジアからの旅客、特に中国人客…

ズームカー @zoomcar63

関空護岸 最大2・7㍍上げ 災害対策、4年度末までに完了へ 関西国際空港を運営する関西エアポートは31日、昨年9月の台風21号による関空の浸水被害を踏まえた災害対策のうち、ハード面での具体的な計画を発表した。総事業費約541億円の災害対策を令和4年度末までに完了させる。産経

災害ニュース速報 @saigainews

■関空の護岸かさ上げ最大2・7メートル 災害対策、4年度までに完了 関西国際空港を運営する関西エアポートは31日、昨年9月の台風21号による関空の浸水被害を踏まえた災害対策のうち、ハード面での具体的な計画を発表した。被害を受けた…

Menu

HOME

TOP