セリーナ 罰則は「性差別的」


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
セリーナ 罰則は「性差別的」
【AFP=時事】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2018)、女子シングルス決勝で大坂なおみ(Naomi Osaka)に敗れたセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)は8日、不正行為はなかったと主張し、ペナルティーは性差別的だとして批判した。
この一戦でセレーナは試合中にコーチのパトリック・ムラトグルー(PatrickMouratoglou)氏からコーチングを受けたことはこれまでに一度もないと主張しているが、ムラトグルー氏は米スポーツ専門チャンネルESPNに対し「うそつきの盗人」、「謝って」と暴言をはくとゲーム・ペナルティーを受けた。
セレーナは「パトリックには「一体何を言っているの」とメールした。私たちにはサインなどない。
性差別的だと感じた」「彼は「盗人」と言った男子選手を罰したことは一度もない。それで私の心は折れてしまった。だけど、私は女性のためにこれからも戦う」【翻訳編集】AFPBBNews。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 セリーナ 罰則は「性差別的」

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP