五輪に便乗 不正サイトに注意

五輪に便乗 不正サイトに注意
データ分析のAntuitは9月5日、2020年の東京オリンピックに便乗する標的型攻撃が開始された可能性があると発表した。
攻撃者は、標的企業の従業員に「東京オリンピックの無料チケットを提供する」といったスピアフィッシングのメールやSMSを送り付け、リンクをクリックするよう促す。メールでは、受信者にクリックさせるべく「抽選で600ドルが当たる」との偽のキャンペーンをうたっているという。リンク先の不正サイトや添付ファイルを通じてマルウェアがダウンロードされ、最終的にユーザーの情報が窃取される恐れがあるとしている。
同社は、攻撃者のフォーラムサイトを監視する中で、この攻撃計画を発見したと説明する。9月3日に、ある攻撃者が「日本と米国の17万4000人が在籍する企業への攻撃を開始した」と主張しているのを見つかったといい、5回予定されている攻撃活動の初回になるという。フォーラムサイトで作成されたと見られる日本語の詐欺メールのサンプル画像も公開した。
併せて同社は、「東京オリンピックもこうした攻撃を仕掛ける犯罪者たちの傾向に沿ったもの」と指摘し、攻撃への注意を呼び掛けている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 五輪に便乗 不正サイトに注意

twitterの反応

えすたの@一体感~挑む~BackToTheBasic徹底 @s_tano

やっぱり五輪監督は健太さんだったんじゃない?

島尻 チルー @chirue

今回東京に来て、若者の8割が投票日を知らない理由の一つが分かった。どこにも書いてないから。特に地下鉄はひどい。五輪広告出せるなら選管が選挙広告出せるでしょうに。明らかに民主主義がないがしろにされていると感じますね。 …

えまを @ei_rekiota

国営漫画喫茶とか馬鹿にされてたけど、そんな軽いものじゃなくて、著者や権利者も管理しきれない原画やセル画などを、国がきちんとアーカイブしていきましょうっていう話。 / “「日本製」アニメ保護へメディア芸術センター設置 五輪開催年の開設目指す(1/2ページ)…

Menu

HOME

TOP