合格率で格差 受験生に不信感

合格率で格差 受験生に不信感
その一つの慶応大(東京)の担当者はそう説明する。合格率は男子12・5、女子9・2で1・37倍の大阪市立大(大阪)は、2次試験の筆記で配点の高い数学と理科で男子の方が平均点が高く、「結果的に男子が有利になっている可能性はある」と強調した。
格差が1・67倍と最大だった順天堂大(東京)は「文科省の最終調査を待ってコメントしたい」とした。だが、医学部専門予備校の可児良友講師によると、男子を優先しがちだ」と指摘する。
「一方、過去6年の平均合格率で女子が男子を確保したい思惑がある」と話す。
また、駿台教育研究所の石原賢一・進学情報事業部長は「地方の女子は地元の医学部を不合格となった都内の女子予備校生(19)は、「これだけ合格率に差があると不信感が募る。」
「採点基準など透明性を高めてほしい」と訴えた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 合格率で格差 受験生に不信感

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

使用キーワード: 合格率 格差 受験生

使用代替キーワード:

Menu

HOME

TOP