シリア 化学兵器への懸念再び


Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 40
シリア 化学兵器への懸念再び
【カイロ時事】シリアのアサド政権が反体制派最後の拠点である北西部イドリブ県への総攻撃を模索する中、再び化学兵器が使われかねないとの懸念が国際社会で強まり始めている。
イドリブ県では南部ハンシャイフンで17年4月、アサド政権が猛毒神経ガスのサリンを使ったと国連報告書が認定した。ただ、政権側は化学兵器使用は「でっち上げだ」と一貫して否定している。東グータでの使用疑惑を受け、米英仏3カ国は関連施設へミサイル100発以上を発射。
しかし、懲罰的に攻撃を受けてもアサド政権の軍事攻勢はその後も止まらなかった。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は「化学兵器攻撃を捏造(ねつぞう)して政権に責任を負わせ、対テロ作戦を妨害する挑発行為が再び使えば、極めて強力に対処する」と対決姿勢を鮮明にしている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 シリア 化学兵器への懸念再び

twitterの反応

公務員試験の時事対策 @komuin_contents

【時事 国際】 2018年4月、米英仏は「シリアのアサド政権軍が化学兵器を使用した」と断定し、アサド政権の化学兵器関連施設へのミサイル攻撃に踏み切りました。 公務員試験 時事 時事対策 東京都 特別区 国際

西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1

アメリカが覇権国家であるのを止めたら、北朝鮮の様な独裁国家が核と投射手段(ミサイル)を開発して他の独裁国家に売ることやシリアの化学兵器による反対派市民への攻撃を止めるもの、抑止する実力が消えることを意味するのだけど。<米軍が世界を飛び回ることをやめさせ

FakeRokuoLoto @FakeRokuoLoto

「今月14日、米軍がシリアの首都ダマスカスの「政権軍の化学兵器関連施設」へミサイル攻撃を行った=AP」

Menu

HOME

TOP