シリア 化学兵器への懸念再び


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
シリア 化学兵器への懸念再び
【カイロ時事】シリアのアサド政権が反体制派最後の拠点である北西部イドリブ県への総攻撃を模索する中、再び化学兵器が使われかねないとの懸念が国際社会で強まり始めている。
イドリブ県では南部ハンシャイフンで17年4月、アサド政権が猛毒神経ガスのサリンを使ったと国連報告書が認定した。ただ、政権側は化学兵器使用は「でっち上げだ」と一貫して否定している。東グータでの使用疑惑を受け、米英仏3カ国は関連施設へミサイル100発以上を発射。
しかし、懲罰的に攻撃を受けてもアサド政権の軍事攻勢はその後も止まらなかった。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は「アサド(政権)が再び使えば、極めて強力に対処する」と対決姿勢を鮮明にしている。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国際 シリア 化学兵器への懸念再び

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP