山県亮太10秒00 惜しくも銅

山県亮太10秒00 惜しくも銅
陸上男子の山県亮太(26)=セイコー=が26日、ジャカルタのブンカルノ競技場で行われたアジア大会の100メートル決勝に挑み、10秒00で銅メダルに輝いた。
五輪の花形種目で日本記録は伊東浩司が1998年のアジア大会で10秒00まで伸ばした後、長く足踏みが続いていた。だが近年の男子短距離は層の厚みを増し、2年連続の9秒台スプリンター誕生で、新時代突入を改めて印象づけた。今大会で日本選手団の主将を務める山県は2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪で準決勝へ進んだ。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 山県亮太10秒00 惜しくも銅

twitterの反応

林 諒 | スポーツ×教育×CtoC @ryo_hayashi

小池選手が10秒04で4位!!桐生選手がガトリンと僅差で2位!!東京オリンピック4継金メダルはリアルに夢じゃなくなってきた。 1位/ジャスティン・ガトリン 10秒00 2位/桐生祥秀 10秒01 5位/山県亮太 10秒11 6位/多田修平 10秒12 9位/ケンブリッジ飛鳥 10秒30

陸上まとめ @rikujo_matome

【陸上】山県亮太が左脚違和感で帰国へ アジア大会へ大事取る 日本選手団主将

Menu

HOME

TOP