金ゼロ 女子レスリングの危機


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/isaznb01/matometeportal.site/public_html/wp-content/plugins/mhs-getwin/getwin.php on line 37
金ゼロ 女子レスリングの危機
「金メダル0」  女子レスリングが正式種目となった2002年釜山アジア大会から16年、5大会目にして初の屈辱的成績だ。
伊調馨(いちょう・かおりALSOK)は決勝戦で惜しくも1点差で敗れて銀メダルに終わったものの、3人は3週間後に行なわれた世界選手権でそろって金メダル2個、銅メダル1個を獲得。「女子レスリング王国ニッポン」の名を世界に轟かせた。
続く2006年ドーハ・アジア大会はオリンピックと同じく金メダル3個、銅メダル1個を獲得。
国内大会すべてで圧勝しながらも、伊調馨は代表入りできず。この点については、公益財団法人日本レスリング協会第三者委員会が栄によるパワハラのひとつとして認定しているが、伊調に替わって63キロ級で出場した西牧未央が振るわず7位。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ 金ゼロ 女子レスリングの危機

twitterの反応

【Gwtwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Menu

HOME

TOP